自民党

政治

【両サイドから炎上!?】結局、酒禁止を強要しているのは国なのか?都なのか?

俺は馬鹿だ。馬鹿なりに愚直に動く。
本当に雰囲気作り、イメージ作りは怖いものです。アエラドットを受けて「川松は馬鹿」だの「川松は最低だ」とのリプやコメントが届いています。少なくとも、7月4日に都議選でお約束したのは、自民党候補者以前に、1人の政治家として「制度と制度の狭間で落ち込んでもがき苦しんでいる人達に光を当てる。納得できない政策ならば、私に出来る限り、納得と共感の政策説明をしていく。」という事です。この内容の街頭演説をYouTubeにあげていなかったので、今日中にアップします。

今日は最後にしますが、1日に経ってみて、更に重要な事に気付きました。
なぜ、私や小松都議が、広く公募する前に誓約書に気付かなかったか。それは都議選の真っ最中だったからです。落ち着いて、色々と点検していたら分かった話です。そこでです。という事は、この期間は「小池知事療養期間」という事になります。知事職を代行していた多羅尾副知事が、なぜ国基準以上に強める判断をしたのか、これは明らかにしなければいけません。というのは、現場から各情報が都知事よりも入るはずの副知事にも現場の空気感が伝わっていないなら、これはもう、都庁舎全体の都民への裏切りだと私は思うのです。

今日も現場視点で動きます!!

政治

なぜ、私は戦うのか。「東京を絶対に枯らさない!!」【都議選・墨田区選挙区】

私の心からのお願い
これは私のためではないと思っています 皆んなで、皆んなでこの墨田区を盛り上げていくために 先程言いました 墨田区はどこの自治体よりも早くコロナの先を描けるのです。こういう権利を私たちは持っているのです 今までは医療、コロナ対応、これで墨田区モデルと言われました。

今、皆様方の力をいただいて、
夢や希望や光を取り戻していく、
夢や希望や光はここから発信していく、
夢や希望や光はこの墨田区から東京中に日本中に広がっていく、『墨田区モデル』を一緒に作らせてください。そのためにこの選挙戦、最終最後まで戦い抜きます。

そして最後に皆様方にお約束させていただきます冒頭、お話をしました大平正芳先生、明日枯れるかもしれない、枯れる花にも水をやると言いました。
皆様方が支えてくだされば、この墨田区を、この東京を、この日本を絶対に私は枯らすことはありません どうか皆さん 最終最後まで宜しくお願い致します。今日はありがとうございました。

政治

野田聖子代行「媚びない方だから」【都議選・墨田区選挙区】

正義感が強いから 媚びないのでなかなか方が増えません。私も結構気の強い方なんで選挙はいつも苦労してきました。でも結果やっぱり間違ったことをしない、鈍臭くても不器用でも皆さんのことを思っている。そういう人は是非ね、選んで頂きたいと私はいつも願っています。川松さんはまさにその第一人者でございますね。

政治

茂木外相の応援「抜群の行動力を持っています」【都議選・墨田区】

見てください。若いでしょ。でももう2期やった経験があるんですよ。抜群の行動力を持っていますから、必ず皆さんの期待に応えてくれる。こんなふうに僕は信じています。若い小学生もいます。多分その隣が中学生かな。こういう子供たちがやっぱりこの墨田に生まれてよかった。東京に育って良かった。生まれ変わったらまた日本人に生まれ変わりたい。

政治

諸外国の脅威を争点にすべきだ!【都議選2021】

私は兼ねてから東京に存在する「米軍基地問題」を議会で取り上げたり、「国境離島問題」について発信をしてきたところです。今回の都議選は大規模演説会が出来ないという視点もありますので、YouTube上で、鷲尾英一郎外務副大臣(中国担当)と、今回の都議選のテーマにもすべき、首都東京が抱える諸外国との関係について激論を交わしてきました。